茶粥用お茶【お茶の金田屋】

ロゴ

買い物かごの中

サイトマップ

お問い合わせ

煎茶のいれ方

ほうじ茶のいれ方

玄米茶のいれ方

茶と健康茶の通販 HOME > 茶粥用お茶

お粥がなまって「おかいさん」
吉野・熊野を初めとする紀州では、山が深く平野が少ないため田んぼが開けず。
お米の供給が少なかったことが茶粥の好まれた理由ではないかといわれています。

熊野と茶の関わりは古くもともと熊野詣の折に都人が植えた茶が始まりであると言われています。
茶粥は、その名が示す通りお湯のかわりに茶を使って炊くお粥で、一般的には番茶を使用します。熊野では「おかいさん」とも呼ばれ、古くから近畿地方を中心に、各地の農村で親しまれて来ました。南紀(和歌山県南部)地方では、冬は暖かい茶粥を食べ、夏には冷たいままをさらさらっと食べる、また小腹が空いたときにも梅干しや漬物などで軽く食べるというのは、昔からの伝統的な食生活でした。

〜茶粥レシピ〜

米 1カップ適量

茶 12〜15g

水 8カップ〜11カップ程度

※3〜5人分程度 分量はそれぞれお好みで結構です。
茶にこだわって下さい

@鍋に分量の湯を湧かし、茶袋(またはお茶パック)に番茶を入れ、色よく煮出します。

A茶袋を取り出し、洗った米を入れて強火で煮てください。

B煮かえってきたら、弱火にして20分ほど炊いてください。(途中、玉じゃくしで茶を2〜3回上下に返してくたびれさせます。)

C炊きあがったら、火を消して、蓋をして蒸らします。

D10分ほど蒸らして、ほどよく冷めた頃が食べごろです。

※地方によっては、最後に塩を入れるところもあります。
茶粥にサツマイモを入れたり、きな粉などを加えたりするところもあるそうです。一度お試しになってみてはいかがでしょうか。

ポイント制
ほうじ釜茶
こくのある茶粥をお求めならこれ、
地元の人がお勧めする銘柄です。
ほうじ釜茶 300g 2,000円
(消費税別)


注文数

ほうじ茶

 

便利なほうじ茶ティーバッグ!
初めての方でも手軽にできます。
5g×38袋入り 1,200円
(消費税別)


注文数

お茶の金田屋では以下のお支払いができます。おかげさまで更にお安くお届できます。(2008.08.01改正)
5000円以上お買い上げで送料500円引き、10000円以上で送料無料!

クレジット決済
後払い代引き銀行郵便局

送料表
配送地域
5000円未満

5000円以上10000円未満

10000円以上
北海道
1270円
770円
0円
東北
850円
350円
0円
関東・甲信越・北陸
500円
0円
0円
東海・関西・中国
500円
0円
0円
四国・九州
500円
0円
0円
沖縄
1060円
560円
0円
代引き手数料
324円
324円
432円
Copyright (C) 2009 by kanedaya. All rights reserved.