煎茶のいれ方【お茶の金田屋】

ロゴ

買い物かごの中

サイトマップ

お問い合わせ

煎茶のいれ方

ほうじ茶のいれ方

玄米茶のいれ方

茶と健康茶の通販 HOME > 煎茶のいれ方
〜一番大切なこと〜
お茶を入れるとき重要視されるのが“”や“湯の温度”、“浸出時間”などです。
しかし、そのような定義に縛られることなく自由にお茶をいれてください。
大切な人と大切な時間を過ごすときの一杯のお茶は
心を込めていれれば、あなたにしか出せないおいしいお茶になります。

ゆっくり、あわてず心を込めてお茶をいれましょう。
煎茶のおいしいいれ方

上煎茶は低温の湯でじっくり時間をかけ、旨み成分を引き出します。

上煎茶は旨み成分(テアニン)を豊富に含む為、渋みをおさえて旨みを十分に引き出すよう低温でいれます(テアニンは50℃程度、カテキンは80℃以上で溶け出しやすい性質がある)。
2煎目は1煎目よりやや高温の湯を使用すると、茶葉に残った旨みと高温で溶け出す適度な渋みが楽しめます。
3煎目はポットの湯をそのまま使用し、さっぱりとしたしぶみを楽しむと、茶の持ち味すべてを楽しむ飲み方ができます。

煎茶はやや高温の湯で旨み成分と適度な渋み、香りを引き出します。

上煎茶に比べるとテアニンが少なく、カテキンを多く含む為、旨みと適度な渋みを引き出します。
2煎目はポットの湯をそのまま使用し、さっぱりとした渋みを楽しみましょう。

 

おいしいいれ方(1人分、標準)
1.急須を湯のみは小さなものを選びます。

2.沸騰したお湯を湯のみに移し、さらに急須に移します。
いれかた1
3.急須のお湯を湯冷ましに移し、急須に茶葉をいれます。

    ※茶葉3〜4g(ティースプーンで軽く2杯)
いれかた2
4.湯冷ましのお湯を注ぎます。

    ※湯量約60〜90cc 湯温70〜80℃
いれかた3
5.しばらく待って、お茶のおいしさを出します。

    ※抽出時間90〜120秒
いれかた4
6.最後の一滴まで注いで下さい。

    ※2煎目からはやや熱めのお湯で早めに注いで下さい
いれかた5

お茶の金田屋では以下のお支払いができます。おかげさまで更にお安くお届できます。(2008.08.01改正)
5000円以上お買い上げで送料500円引き、10000円以上で送料無料!

クレジット決済
後払い代引き銀行郵便局

送料表
配送地域
5000円未満

5000円以上10000円未満

10000円以上
北海道
1270円
770円
0円
東北
850円
350円
0円
関東・甲信越・北陸
500円
0円
0円
東海・関西・中国
500円
0円
0円
四国・九州
500円
0円
0円
沖縄
1060円
560円
0円
代引き手数料
324円
324円
432円
Copyright (C) 2009 by kanedaya. All rights reserved.