Category Archives: 玄米茶

祝1位

ギャバロン茶」で検索!

google yahoo 共に第一位!

しかし・・・(゜o゜)

ほうじ茶」「玄米茶」はgoogleでのみ10位以内の結果です。yahoo検索でははるか後方です ( 一一)

よく分りません・・・大手2社にどれほどの違いがあるのでしょうか?

再度頑張る!

昨日の花屋の忙しさで、体のあちこちが痛いです。

この地域のお葬式の供花はけっこう重たいので・・・

今日は、HPの順位でもチェックします・・・・

下がっていました。(>_< ) ほうじ茶 玄米茶 のページが・・・

やっぱり日々の積み重ねを怠ると順位が落ちます。・・・

よ〜し、今日からまた頑張るぞ〜 < (`^´)>

「玄米茶」と「ほうじ茶」奮闘中

徐々に上がってきました。

そう、先日から苦労しておりました、「ほうじ茶」と「玄米茶」のページがです。

苦労しました (-.-) 

HPのことで何かと相談しています。九代目さんは只今リンナイガスコンロ「ハオS650VGAS」やハーマンガスコンロ「LW2247ASQSI」の売り出し中で大忙しだそうです。

当店は地道に頑張っています。

Google検索で徐々に頑張っていますので、そのうちYahoo検索も頑張ってくれると信じています。

日々の積み重ねが大変です・・・

玄米茶(抹茶入り玄米茶)の自慢

当店の玄米茶、自分で言うのもなにですが抜群のブレンド比!「匠の技」ですな〜

下の写真がブレンド後の茶葉!抹茶+玄米A+玄米B+茶葉=抹茶入り玄米茶 < (`^´)>

cyaba-genmaimaccya.gif

そして、下が入れたお茶!そして袋!・・・・・袋は現在変更中ですので違う袋の場合もあり 

houjimaccyairo2.gif

・・・しかしながら・・・

WEB販売ではギャバロン茶に惨敗です。

WEB総合販売成績においてもほうじ茶に負けています。・・・ ( 一一)

そして熊野古道の釜茶にも・・・

店売りでは結構人気なんですが・・・安価なのにお客様に出しても全く恥ずかしくないお茶!それが金田屋の抹茶入り玄米茶です。

玄米茶で検索

最近続きます、HPネタ・・・

Google検索「玄米茶」でついに1ページめに表示されました。7位です。 (*^_^*)

しかし、なぜかYahoo検索で62位 ( 一一) 前は確か25位だったような・・・

まいどまいどよく分りません (+o+)

先日、玄米茶を一通り購入されたお客様がいました。

味の違いがわかるでしょうか?

各等級ともに、職人が腕をふるっていますので・・・

当店の玄米茶はもちろん玄米にもこだわっています。

香ばしい風味!いいですよね〜

玄米茶

玄米茶とは

玄米茶(げんまいちゃ)は、番茶(稀に煎茶)を強火で加熱したものと、蒸してから炒って狐色になった玄米や爆ぜてポップコーン状になった玄米とを、ほぼ同量ずつ混ぜたもの。塩を少量加えてもよい。緑茶、日本茶の一種。

戦前に、鏡開きのときにできる餅屑を勿体無いと考えた茶商が、これを炒って茶葉に混ぜたのが始まりとされている。

日本茶としてのランクは番茶やほうじ茶と同位に位置づけられ、高級な部類ではない。あっさりとしており、香ばしい香りと味が特徴。淹れるときには沸騰した湯で短時間で抽出するのがコツである。時間をかけるとタンニンが出て渋くなる。

玄米茶の品質は茶葉よりもむしろ玄米の質に左右される。香ばしさは爆ぜた玄米よりも狐色の炒った玄米のほうから出る。したがって爆ぜた玄米の割合が多いものは粗悪品である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

さすがウィキペディア、難しい表現です。

当店の玄米茶

おいしい茶葉においしい玄米そして絶妙なブレンド比、もちろん季節によりブレンド分量を微妙に調整しています。

おすすめは、抹茶入り玄米茶です。

ほうじ茶 玄米茶

やっとこさ ほうじ茶 のページが戻ってきました。

Yahoo検索で100位以下の圏外まで飛ばされ・・路頭に迷っていましたが・・・

な・な・なんとか20位台まで復帰!

ついでに 玄米茶 のページもぎりぎり20位台に昇格!

ただ「お茶」のビッグキーワードでは・・・・圏外まっしぐらです ( 一一)