ほうじ茶お茶話

今日は、ほうじ茶についてのお話です。

ほうじ茶とは、日本茶の一種であり茶葉を焙(ほう)じて飲用に供するもの一般を指す。普通、煎茶や番茶、茎茶を炒った(焙<ほう>じた)もの、すなわち焙煎したもので、独特の香ばしさを有する。苦みや渋みはほとんどなく、口当たりはあっさりしている。ほうじ茶飲用の風習は、地方によってかなり相違がある。

葉が赤茶色に変わるまで強火で焙じて作る。発酵茶ではないが、色が茶系なので普通緑茶とは呼ばない。今日の製法は1920年代京都において確立されたといわれる。

ランクは玉露や煎茶より下位、番茶や玄米茶などと同位に位置づけられ、日本茶として高級な部類のものではない。

 ほうじることで苦味成分のタンニン(カテキンなど)が壊れ、渋味や苦味が抑えられるので、その飲み心地は結構あっさりとしている。カフェインが少なく、子供や病人、お年寄りまで、カフェインに弱い人でも安心して飲用できる茶である。医者によっては、赤ちゃんの水分補給にさえ勧めるくらいである。

京都の懐石料理では、食事中に供される茶がこのほうじ茶であることが珍しくない。

さすがになんでも載っていますねこのフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』は・・・・ん〜すごい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です