高血圧予防

今日の高血圧関連記事は、「高血圧を防ぐ食事」を厚生労働省のHPより拝借します。

高血圧対策の お茶 はこちらをご覧下さい。

「食塩の量を減らしましょう」

食塩をとり過ぎると血圧を上げることは、多くの研究や統計などから指摘されてきたことなんだ。たとえば、1998年に報告された、わが国を含めた世界32か国の1万人あまりを調査したINTERSALT研究の結果でも、食塩を多く摂っている人ほど血圧が高いということが指摘されているんだよ。
 とはいうものの、この食塩による血圧上昇の程度(食塩感受性)には個人差があって、食塩を多くとってもまったく血圧が上がらない人もいるんだ。家族に高血圧の多い人や高齢者では、食塩を多くとると血圧が上がる人が多いようだね。
 今のところ、日常的にかんたんに食塩感受性を測る方法はないので、だれでも食塩を減らしたほうがいいとされている。それに、食塩を摂り過ぎると胃がんになりやすいことは確かだし、減塩は、左心室肥大という心臓の病気やたんぱく尿の程度を軽くする、動脈の柔軟性を高める、降圧薬の効果を高める、ナトリウム排泄に使われるカリウムが失われるのを防ぐなどのよい点が多いんだよ。だから、もし食塩感受性が低くても、食塩を減らす効果はあるというわけだね。
 今、日本人に勧められている1日の塩分摂取の目標値は、10g未満。だけど、高血圧患者ではもっと厳しくて、日本高血圧学会の定めた目標では1日7g以下(高血圧治療ガイドライン2000年版)となっています。現在のところ、日本人の塩分摂取量は、平均で1日11〜12gくらいだから、高血圧の人は半分近くに減らさなければならないんだよ。これがどうしてもムリなら、せめて1日に10g未満としたいね。

分かっていても、なかなか食事制限は難しいですよね〜何事もほどほどにが一番体にいいのではないでしょうか?

しかし本日、私は商工会青年部の総会です。ほどほどのお酒を心がけます。(?)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です