お茶漬け

久々にお茶に関する記事です。私も大好き「お茶漬け」について

茶漬け(ちゃづけ)は、米飯に茶や近年ではだし汁もしくは白湯をかけたもの、またはそのような食べ物のこと。通常はお茶漬けと呼ばれる。なお、白湯をかけたものは一般に、湯漬けという。また冷水をかけたものを水飯 (すいはん)と言い、平安時代には一般的に食べられていたが、現在ではほとんど忘れられている。 この料理・もしくは食べ方は、お好みでご飯の上から茶(主に緑茶(煎茶)・ほうじ茶)やだし汁をかける。主に味の濃い食材を副菜として食をすすめる。 好みで梅干や漬物、鮭や海苔・佃煮・塩辛・山葵・たらこ(辛子明太子)などの具をのせる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

難しく言うと上みたいになるのですね〜。

私は、ほうじ釜茶の茶漬けが一番すきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です