ほうじ茶 種類

ほうじ茶にも種類があります。当店にも等級があるように

厳密な区分ではないが、比較的知られたほうじ茶の種類を以下列挙する。

ほうじ番茶

これは名前のとおり、番茶をほうじて飲用に仕上げた茶のことである。ただし、番茶をほうじて飲用することが一般的な地方では、番茶=ほうじ番茶を指すことが多いので注意が要る。

京番茶

茶どころ京都府南部を中心として生産されるほうじ番茶のことを、「京番茶」と呼び慣わしている。京都府および奈良県あたりでは、これを日常飲用することが多かった。食生活の様式が欧米的なものへ移り変わったので以前のような傾向は減ってはいるようであるが、京番茶という名前は日本全国的に知られる。地元では、1キログラム単位の大きな包装でよく店頭に並べられる。

 雁ヶ音ほうじ茶

これは、一番茶から茎(「かりがね」という)の部分だけを丁寧に選(よ)り取りほうじた茶である。ほうじ番茶より香りが良い。

ほうじ煎茶

一番茶や二番茶の上質な葉の部分を選りすぐり、これをほうじて作られた茶である。原料とする茶葉の品質いかんによって、取り引きされる製品の値段には大きな開きがある。上質なほうじ茶は、甘く独特の心地良い香りを持ち、その焙煎には高度な技術が必要とされる。

参考文献 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 より

なるほど、厳密な区分がないにせよいろいろあるものですな〜

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です